新『Hibi 』 深瀬昌久
594a7457b1b61972f300372a 594a7457b1b61972f300372a 594a7457b1b61972f300372a 594a7457b1b61972f300372a 594a7457b1b61972f300372a 594a7457b1b61972f300372a

新『Hibi 』 深瀬昌久

¥8,964 税込

送料についてはこちら

出版社:MACK/2016 ハードカバー/240ページ/26 x 16 cm ポストカード付き 「ヒビ」は深瀬昌久の最終作のひとつである。1990年から1992年にかけて日々の道すがら地面の亀裂を撮影したものをプリントに焼き、みずから一枚一枚を着色した。そして1992年2月、ニコンサロンにて開催された個展「私景’92」にて、このほかの作品シリーズ「私景」「ブクブク」「ベロベロ」と共に公開。その4ヵ月後、新宿ゴールデン街の階段から転落、脳に障害を受けたことから作家人生を閉じた。 地面の亀裂、ひび割れの写真に深瀬自身がペイントを施した写真は「鴉」という空への視点から地面という下向きで視点への変化を伺え、当時の深瀬の視点や心境がどのようなものだったのかを考えさせられます。所々に写りこむ自身の影や、靴と地面のひび割れは深瀬自身の心の亀裂を想起させます。