新『それでも それでも それでも』齋藤陽道
599fdfd4ed05e62c32000813 599fdfd4ed05e62c32000813 599fdfd4ed05e62c32000813 599fdfd4ed05e62c32000813

新『それでも それでも それでも』齋藤陽道

¥1,944 税込

送料についてはこちら

写真・文章:齋藤陽道 出版社: ナナロク社/2017 装丁:祖父江慎+藤井瑶 A5変形/並製/184ページ/オールカラー 写真家・齋藤陽道が言葉と写真で綴った初めてのエッセイ集です。 雑誌「週刊金曜日」にて、2012年から現在まで続く同名タイトルの連載から約80作品を著者みずから選出し、書籍化にあたり幾度も加筆・修正を行いました。 その言葉は、写真を説明するものではなく、「忘れ去る日常の断片の、その奥を見ようと」し続ける、齋藤の写真論でもあり、日々の記録でもあります。 書き下ろしによる長文のあとがき「眼に見えるだけのものの奥へ」では、聴覚障害をもつ齋藤の幼少期の忘れがたい記憶や、友人家族からの手紙など、印象的なエピソードによって、本書タイトルに込めた想いが描かれています。 ただ見るだけのことの貧しさを ぼくはよく知っている。 だからこそ、ぼくは写真をやるうえで 言葉すくなき者の、忘れ去る日常の断面の、 その奥を見ようとしなければならなかった。(帯より)