新『アオノニマス 廻』柿崎真子
5bb9a4e050bbc3696d00004e 5bb9a4e050bbc3696d00004e 5bb9a4e050bbc3696d00004e 5bb9a4e050bbc3696d00004e 5bb9a4e050bbc3696d00004e 5bb9a4e050bbc3696d00004e

新『アオノニマス 廻』柿崎真子

¥4,320 税込

送料についてはこちら

発行:蒼穹舎/2018年 写真:柿崎真子 サイズ:A4変型/64ページ/49点/ハードカバー タイトルの「アオノニマス」は「アオモリ+アノニマス」の造語。作者自身の故郷である青森県の自然や風景を被写体としているが、作者個人の私情は希薄に思える。 透明な存在となって、青森の自然の中に入り込み、自身の身体をこの風景の中に溶け込ませ、 細胞のレベルになってこの場所を捉えようとしているかのようだ。 この作品には、人間もまた自然の一部として存在していることを自覚させる作用がある。 私家版にて『アオノニマス 肺』(2013年)、『アオノニマス 雪』2012年)を発表し、同シリーズの集大成として刊行された。