新『記録集 旅地蔵 阿賀をゆく』
5d1cc83066d86c5795e8c217 5d1cc83066d86c5795e8c217 5d1cc83066d86c5795e8c217

新『記録集 旅地蔵 阿賀をゆく』

¥1,296 税込

送料についてはこちら

発行:冥土のみやげ企画/2019 136ページ/ペーパーバック/日本語 アーティスト・髙橋伸行氏が水と土の芸術祭2015で行ったアートプロジェクト「旅地蔵ー阿賀をゆくー」の記録を中心としたお地蔵さんの物語。 足尾・渡良瀬川で生まれ、阿賀で行き場のなかったお地蔵さん。 “旅地蔵”と名付けられ、阿賀野川の最河口 松浜から鹿瀬の草倉銅山精錬所跡地に近い阿賀のほとりの神社跡に落ち着くまで旅をした日々が写真と文章で綴られています。 そう言われてもなかなかピンと来ない人も多いと思います。なぜ地蔵がここに来て、阿賀野川を遡上し歩いたのか。「阿賀に生きる」からつながる“新潟水俣病”のことは、たくさんの人々の想いと行動によって形づくられているのだと思います。 そして、地元では声に出しにくいであろうことをアートプロジェクトとして考えるきっかけを与えたという意味も大きいように感じます。