新『遠い場所の記憶:1951-1966』川田喜久治
5dd2639fe39007283855542b 5dd2639fe39007283855542b 5dd2639fe39007283855542b 5dd2639fe39007283855542b 5dd2639fe39007283855542b

新『遠い場所の記憶:1951-1966』川田喜久治

¥11,000 税込

送料についてはこちら

Case Publishing 、2016 softcover、230mm x 180 mm、304pages 制作:FAPA (日本芸術写真協会) 1951年から1966年という、川田が写真家としてのスタイルを確立した最初期の作品群が纏められています。フォトフェアのメインビジュアルにも使用され、アサヒカメラ月例にて木村伊兵衛、土門拳に評価され、写真家としての出発点となった作品から、未発表の作品まで、激動の時代を川田ならではの図像によりとらえた写真集です。「過去の記憶だけでなく、未来への記憶もそこに潜んでいることを知らせてきます。ここで未視感と既視感も体験できるのです。この累々たる写真がリアルなイメージをなげかけて来るのはそのようなときなのです。時代も場所も超えて。」と語る川田喜久治の「写真のはじまり」の中に、過去、現在、未来の三つの記憶となる世界が広がります。巻末には、作家による原稿および、東京国立近代美術館のキュレーター増田玲の寄稿を日・英併記にて収録。