『cairn』Shigeta Kobayashi
5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1 5e85e95a2a9a421060810ec1

『cairn』Shigeta Kobayashi

¥4,180 税込

送料についてはこちら

写真:小林茂太 出版:self published/2020 デザイン:宮添浩司 部数:300部 判型:w150 x h220 mm 192ページ/ソフトカバー *特典として特製の栞がつきます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− cairn / shigeta kobayashi これは、遭難についての記録である。 妻との間に子どもを授かった時、 自分自身の中で何かが消えていくような感覚があった。 何を考える訳でもなく、また何を考えられる訳でもなく、 視線をただ窓の外に置いていた。 漠然と「個」という事について考えていた。 そもそもその定義にどのような意味があったのだろうか。 あるいは、世界と自分とを繋いでいるものとは何であったのだろうか。 とにかく一人になる事で向き合った。 見知らぬ町の通りから霧でもやがかった山の道まで、目的地のない歩行を続けた。 白夜は時間感覚を狂わせ、慣れない野営は内と外の境界をあやふやにし、 GPSが示す道でさえ時に疑うようになった。 そして、気がつくと思考するよりも先にシャッターを押していた。 異言語の会話、誰もいない裏庭、テントを揺らす風、なんの変哲もない地面。 次々に現れる些細な物事が、現実だと思っていた基準を変えていった。 今だに進むべき道はわからない。 しかし、確かにここまで歩いてきた。 その証のようにこれらの写真は存在している。 道標はいつも世界と自分の間に立ち現れるのかもしれない。 cairn / shigeta kobayashi This is a record of my distress. When my wife and I were blessed with a child, there was a feeling of something disappearing inside of me. I did not think of anything, and I could not think of anything either. I simply gazed out my window. I vaguely thought about what it means to be an “individual.” To begin with, what was the meaning inherent to this word? Or, what was it that connected me to this world? Whatever it was, I faced it alone. From the streets of a strange town to the mountain roads that were misty with fog, I continued to walk without a clear destination. The white night threw off my sense of time, and the unfamiliar encampment blurred the boundaries between the inside and the outside. Even the path shown by the GPS made me suspicious at times. And before I knew it, my finger had already pressed the shutter. A conversation in a different language, an empty backyard, a breeze shaking the tent, the nondescript ground. The little things that appeared one after the other changed the standards I thought were real. Even now, I don't know the way forward. But I've certainly walked this far. These photos exist as a testament to that. Maybe a cairn always stands between the world and me.