新『FERNWEH 』Teju Cole
new
5ebbc3e172b9117aec054686 5ebbc3e172b9117aec054686 5ebbc3e172b9117aec054686 5ebbc3e172b9117aec054686 5ebbc3e172b9117aec054686 5ebbc3e172b9117aec054686 5ebbc3e172b9117aec054686

新『FERNWEH 』Teju Cole

¥7,700 税込

送料についてはこちら

出版: MACK/2020 サイズ:hardcover/210 x 310 mm ページ数:220 pages/color アメリカ人作家、フォトグラファー、美術史家であるテジュ・コール(Teju Cole)の作品集。絵のように美しい景色と表面上の安定性を持つスイスは、現代写真において捉え所のないテーマとされてきた。本作は、5年(2014–2019)の歳月をかけて他に類を見ない新しい見方で2世紀近くも典型的な観光地とされてきたこの国を捉えた。この作品は「どこか別の所へ行きたいと強く願う」ことを意味するドイツ語の単語「Fernweh」への深い省察から生まれた。カラーフィルムで撮られた瞑想的で綿密に構成された作品は、このアルプスの国の隠された歴史と表すと共に、細やかに管理が行き届いた土地であることに気づかせる。何年もの間、繰り返しスイスを訪れることで完成させた本作に見られる粘り強さと穏やかな色彩は、ヨーロッパ現代写真の主流になっているスタイルと共通しているが、これらの作品の持つ構成主義的な緊張感は作者だけのものである。ヴォー州、グラウビュンデン州、ルガーノと、スイスの至るところで撮影された写真を通じて、作者は自分自身の独特なものの見方を表現するというよりも、ほとんど人がいないのに人の痕跡が豊富に残されている場所としてスイスを描き出している。