新『Was einem Heimat war 』Peter Granser
5f2fab51791d021c7e3c6285 5f2fab51791d021c7e3c6285 5f2fab51791d021c7e3c6285 5f2fab51791d021c7e3c6285 5f2fab51791d021c7e3c6285 5f2fab51791d021c7e3c6285 5f2fab51791d021c7e3c6285 5f2fab51791d021c7e3c6285

新『Was einem Heimat war 』Peter Granser

¥5,280 税込

送料についてはこちら

発行:Bucher & Hefte Verlag/2012 サイズ:170x240mm、ハードカバー ページ:80ページ ピーター・グランサーは、1937年から1939年にかけて強制退去させられたドイツのシュヴァーベン地方 Gruornの町の痕跡を求めて旅に出た。彼は、100年以上にわたって軍隊の訓練場として使用され、ドイツの軍事史と密接に結びついていたこの土地の出来事の歴史を記録している。2005年には、いまだに発射物や不発弾で強く汚染されたこの地は、生物圏保護区に指定されました。