新『川 1 日常自体』
5f9d04768a4572750e17e465 5f9d04768a4572750e17e465 5f9d04768a4572750e17e465 5f9d04768a4572750e17e465 5f9d04768a4572750e17e465 5f9d04768a4572750e17e465 5f9d04768a4572750e17e465

新『川 1 日常自体』

¥1,760 税込

送料についてはこちら

出版:オークラ出版/2020 softcover/128ページ とどめるべきと感じた「今」、その光景を美しく紙に残す。 スケートボードそのものの様に自由で柔軟な今までにない本を目指します。 SNS のタイムラインの様に、浮かび上がってはみるみるうちに流れて いってしまうこの世の多くの事柄の中から、自分たちがとどめるべきと感じた 「今」を美しく紙に残します。全国各地を流れる路上で起きている本物の 情報と、その路上で撮りつづける撮影者集団「川」にしか撮れない光景。 スケートボードそのものの様に自由で柔軟な本をつくります。まずは年に 2冊を予定しています。 出演 ―弟子 ―熊谷一聖 ―寺西将吾 ―ショー・ウエスト ―田村星斗 アーティスト ―ESOW ―朱のべん 川 / kawa カワ kawa-img.com @ kawa_img 2016年、2人のフォトグラファー荒川 晋作と関川 徳之により始まったプロジェクト。 チーム名は両人の姓に共通する「川」の文字に由来している。 2017年には映像部門として長岡ヒトシが合流。 自分たちで制作した「川の本」を持って展示や企画等を開催しながら津々浦々を流れてきた。 「川」単体としての動きに加え「 ESOW と川 」をはじめとしたものつくる人々との交流による共同製作も精力的におこなう。 これまでに2冊の「川の本」や「ESOW と川」の作品集、映像部門・長岡によるスケートビデオ「かがやき」のDVDなどをリリース。 2020年にはデザイナー榎本 真人も加わる。 いずれも十代の頃よりスケートボードや撮ること、なにかつくることなどに取り憑かれた面々。