新『多木浩二と建築 (建築と日常別冊) 』
600bc88dc19c455f129bc73e 600bc88dc19c455f129bc73e

新『多木浩二と建築 (建築と日常別冊) 』

¥1,980 税込

送料についてはこちら

建築と日常/2013 A5判/240ページ 知の巨人の知られざる一断面。多木浩二(1928-2011)の建築分野での活動を振り返り、その仕事を歴史に開く。1000件を超える詳細な著作目録。盟友・坂本一成への20時間ロングインタヴュー。圧倒的な密度と情報量。 ■目次 002 巻頭言 [著作目録]多木浩二の仕事 1955-2013 004 書籍編 012 網羅編 [アンケート]私のこの1作 017 石堂 威  021 八束はじめ  027 伊東豊雄  030 鈴木 明 035 沖 健次  042 長谷川逸子  050 上野俊哉  060 入江経一 [論考]多木浩二を読む 062 建築論  倫理学としての『生きられた家』 | 中井邦夫 067 建築評論 建てることと住むことをつなぐ回路の探求 | 安森亮雄 072 家具論  家具に内在する身体と社会 | 安森亮雄 077 都市論  「人間学」「現象学」「政治学」としての都市論の眼差し | 青井哲人 082 建築写真 多木浩二の建築写真を通じて、写真と建築の関係について考える | 阿野太一 [インタヴュー]089 坂本一成による多木浩二 創作と批評の共振 【第1回】多木浩二との出会い|1976年の「再会」|多木が捉えた《代田の町家》|­それぞれの空間性──坂本一成と伊東豊雄|多木浩二の篠原一男論|篠原一男論の変遷|­《上原通りの住宅》と《代田の町家》【第2回】多木との勉強会|多木・伊東・坂本の共同戦線|『生きられた家』と現代建築­|『生きられた家』からの理論的展開|建築の図像の研究|《祖師谷の家》の位置づけ|­共同戦線のその後【第3回】家型から、より自由な建築のあり方へ|転換点としての《House F》|《コモンシティ星田》の「息苦しさ」|多木と建築界との距離|ふたつの空港論|現代社会とどう向き合えるか──『対話・建築の思考』|理念と現実──《幕張ベイタウン・パティオス四番街》|坂本一成の方法論|多木とアカデミズムとの距離|知識人とは何か【第4回】《House SA》と《Hut T》の論じ方|坂本建築の日常性と世界性|芸術家の魂|多木が坂本論に託したこと|モ­ダニズムの可能性|《QUICO神宮前》と建築の自由|多木浩二の存在 [主要評論再録]185 多木浩二による坂本一成 186 「形式」の概念──建築と意味の問題【部分】(1976) 190 柔かな、かたちのない〈建築〉(1981) 194 「関係性」への構想(1988) 202 どこかで見た 見たこともない町──星田の経験を分析する(1992) 214 日常性と世界性──坂本一成の「House SA」と「Hut T」(2001) 215 建築のロゴス──坂本一成とモダニズム(2005) 233 自由の可能性──「QUICO神宮前」をめぐって考えたこと(2006)